入れ歯・義歯

保険適用の入れ歯

保険制度で作る入れ歯には材料やデザイン、構造に細かい制限があります。
噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。

総入れ歯では材料が全てレジン(プラスチック樹脂)のため強度を保持するために厚みがあります。
部分入れ歯はクラスプで固定(残っている歯に針金で固定)します。
見た目などの審美性や、ぴったり感や食べ物の温度の伝わりやすさ(熱伝導率が低い)などの機能性では劣ります。

入れ歯

保険適用なので費用を抑えられます。主な素材がプラスチックのため、破損が生じても、修理がしやすい特徴があります。

使用できる素材が決まっています。床の素材はプラスチックですので、臭いや汚れが吸着しやすかったり、長期間の使用で変色やすり減りが起こったりします。また、一定の厚みがあるため違和感を感じる場合があります。総入れ歯の場合は、プラスチックの面積が広がるため、食べ物の味や温度がわかりづらくなることがあります。 入れ歯を長い間使用していると、顎の骨が痩せやすい傾向にあり、その際は入れ歯の作り変えが必要となりますが、保険診療で作りなおす場合は、作製日から6カ月以上空けなければならないルールがあります。

保険適用外の入れ歯

入れ歯の素材を選択できますので、自分のお口に合わせてお選びいただけます。
部分入れ歯の場合、保険のクラスプ(留め具)よりも目立ちにくい素材を選べますので、審美的にも違和感が少なくなります。
自分の思い通りの入れ歯を希望される方は、費用は高くなりますが保険適用外の入れ歯をお選びください。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属のバネのないポリカーボネート樹脂でできた部分入れ歯です。入れ歯と歯ぐきの境目がわかりにくく、審美的に優れています。また残っている歯への負担が軽く、お餅やガムなど粘着性の高い食事も安心して行えます。

金属床

金属床

入れ歯の主要部分を金属でできた入れ歯です。丈夫な素材の金属を使うため、丈夫な入れ歯になり、金属ならではの薄い仕上がりは違和感が少なくなり、お口の中が広く感じます。おいしくお食事を楽しむことができます。

保険診療のような作製に関するルールがありませんので、素材や構造などを工夫し、患者様のご要望に近づけることができます。自由診療の入れ歯は、保険の入れ歯がもつ問題をカバーし、使い心地や見た目を追及することができます。

保険が適用されませんので、全額自己負担で受けていただくことになります。
入れ歯を長い間使用していると、顎の骨が痩せやすい傾向にあり、その際は入れ歯の作り変えが必要となります。

寺尾歯科医院へのお問い合わせ

tel:0748322868

当院は予約優先制です。
ご来院の際はお電話いただくことを
お勧めします。

診療内容

診療時間

  日・祝
午前 × ×
午後 × × ×

午前:9:30~12:00
午後:15:00~20:00
△は15:00~19:00まで

所在地

〒523-0062
滋賀県近江八幡市丸の内町4-48
※駐車場有り

大きな地図で見る>>