ご予約・お問合わせ
予約優先制0748-32-2868

小児科

診療方針

保護者様への十分な説明と
理解を得た上で、治療を進めています。

まずはお子さまの状況を詳しくお聞きし、しっかりと治療内容をご説明することから始めます。安心してお子様を任せられる状態になった上で実際に治療を進めていきます。
これまで培ってきた専門医としての技術と経験をもとに、将来のお子さまのことを考えながら治療していきます。

保護者の写真

子どもの歯を守るために

POINT1定期健診

お子さまは日々成長し、お口の中もびっくりするほど変わっていきます。
定期的に口腔機能が営まれているかどうかをチェックすることは、口や歯の健康を維持するためには大切なことです。
普段の生活の中での疑問や不安をお話ください。小児の専門歯科医が可能な限り、お答えします。定期健診に来ていてもむし歯にはなります。
何故なら、むし歯の主な原因は普段の生活習慣や食習慣、お手入れ方法などが影響するからです。しかし定期的に健診を受けていれば、むし歯ができてもひどくなる前に発見でき、初期段階での治療がはじめられます。治療期間も短く、精神的にも負担が少なく済みます。
このように、むし歯になっても早い段階で治療が進められるよう、当院では定期健診をおすすめしています。

POINT2歯磨き

歯ブラシやフロスなどで、しっかりと歯を磨く習慣を付けさせてあげてください。
また、お子さまだけではきれいに磨くことができない場合もありますので、大人の方が仕上げ磨きをしてあげてください。

POINT3食事

糖質の多いお菓子や飲み物を頻繁に食べさせないようにしてください。
また、食事時間が長かったり、間食が多かったりすると、歯の再石灰化がきちんと行われなくなることがあります。だらだら食べを止め、間食を少なくすることで虫歯予防につながります。

POINT4フッ素塗布

フッ素塗布、シーラントなどの治療を受けさせてあげてください。フッ素塗布は、歯科医院で歯に高濃度のフッ素を塗布して、虫歯を予防する方法です。
十分な効果を得るためには、歯科医院で年3〜4回のフッ素塗布を行う必要がありますが、虫歯予防にとても効果的です。お子さまだけでなく、大人にも有効です。

知っておきたい!

乳歯の虫歯は永久歯に影響

乳歯はやがて永久歯に生え変わるので、虫歯になっても治療しなくていいとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。乳歯の虫歯を放っておくと、「永久歯の質や形を悪くする」「永久歯の歯並びが悪くなる」「口腔内を清潔に保つ習慣が身に付かない」などの影響が考えられます。そのほか、口腔内だけでなく、全身の発育にも影響をおよぼす可能性があります。
そのため、お子さまの乳歯が虫歯にかかった時にはそのままにせずに、すぐに当院で治療を受けさせてあげるようにしてください

虫歯のイラスト

レーザー治療

レーザーの効果

歯科診療者において用いられるレーザーにもいくつか種類がありますが、『出血を抑える効果』や『炎症を抑える効果』、『痛みを和らげる効果』などがあり色々な診療で活用されています。

こんな方に
おすすめ!

  • 小さなお子様
  • 妊娠中の方
  • 高齢者
レーザー治療の機器の写真

治療内容

歯周病

レーザーを照射することで、歯周病の炎症や出血を抑えることが出来ます。 歯周病は歯周病菌が増殖してしまうことで悪化してしまうので、レーザーを照射することで歯周病菌を減らすことができて、歯周病改善を図ります。

色素除去

健康な歯ぐきはピンク色ですが、歯ぐきの色がくすんでしまって、気になってしまう場合があります。その様な場合にはレーザーを照射することで、歯ぐきの表面だけに作用してピーリング効果を得られたり、メラニン色素(色素沈着)を除去する効果があり、歯ぐきの色を改善することができます。

口内炎の処置

レーザーには組織の回復を促す効果もあるので、口内炎の粘膜、舌に照射することで痛みを軽減する効果や口内炎の治りが良くなる効果もあります。また、入れ歯などが合わなくて傷になってしまっている場合や、間違って噛んでしまった傷に照射した場合も効果を発揮して痛みを軽減することができます。

知覚過敏の処置

知覚過敏症の場合は歯ぐきが退縮してしまい、通常歯ぐきが覆っている部分なので刺激に敏感になってしまうことがあります。その様な場合に、レーザーには組織を再生する働きがあるので、レーザーを照射してあげることで徐々にですが、歯の表面に薄い膜ができます。また、知覚過敏症状が出ている歯質の表面をレーザーにより強化させ、刺激を遮断させることにより自覚症状を少しずつ抑えることができるのです(疼痛緩和)。

乳歯・虫歯の治療

軽度(初期)の虫歯(むし歯)の場合には、虫歯菌を殺菌することができるので、歯を削る量や詰め物になることを防いでくれます。歯の削る量を減らすことによって、歯を残す部分を増やすことができ、歯を失ってしまうリスクを減らしてくれます。また、レーザーは届きにくい部分も照射することできるので、複雑な根の治療の際の殺菌にも効果を発揮してくれます。そして、レーザーを照射することで虫歯菌を減らすことができるので、虫歯予防の効果も期待することができます。

トップへ戻る